フラット35審査はどうなっている?

フラット35の審査はどのように行われるのでしょうか。
まず融資申し込み者の審査では、年齢が20歳以上〜70未満で返済終了時に80歳未満で日本国籍を有し、安定した収入のある人とされています。
年収に関してもはっきりとした金額の線引きは無く、年間の返済金が、年収の30%を超えなければ、年収400万円未満でも融資を受けることが可能なのです。
もちろん雇用形態に関する規定もありませんから、非正規雇用・正規雇用による区別もありません。
派遣社員やパート、アルバイトであっても、返済に必要な収入があれば、起業間もない人や自由業の人でも融資を受けることが可能です。
また、購入対象の物件が耐震、断熱エコ、バリアフリーといった基準を満たしているかも重要です。