フラット35sで頭金は必要?

フラット35sは、長期固定金利が魅力の住宅ローンですね。
省エネ、エコ、耐震、耐久、バリアフリーなどの基準をクリアすることで、借り入れが可能になります。
ただ、物件に対する金額が上限と決まっていますから、諸費用や団体信用保険料などは、頭金と考えて自己資金で用意しなければいけません。
現在は物件価格の10割を借り入れることも可能ですが、それでも自己資金が必要です。
また、多くの金融機関では、9割借り入れですと金利が優遇されたりしますから、9割借り入れとなれば、それ以上の自己資金が必要になってくるのです。
10割借り入れの場合でも50万円前後は見ておいた方が良いでしょう。
もし、諸費用を借り入れで対応したいのであれば、他のローンとの組み合わせで処理してくれるところもありますから、検討してみましょう。
フラット35Sの金利優遇と審査基準は?